食育に関しての資格とは?

食育に関しての資格とは?

平成17年に食育基本法という法律が制定されたのはご存知でしょうか。

食育という言葉だけは、なんとなく聞くようになってきているなと感じている方は多いと思いますが、法律まで制定されているとはと思う方も多いでしょう。

食ということを管理されているような仕事をされている方はもちろんご存知で、法の制定に伴い食に関するもともとの資格に加え、さらに食育に関する資格が増えているので、仕事上、資格取得をされたかたもいらっしゃると思います。

種類にもよりますが、子育て中の親にも役に立つ内容にもなるようで、主婦の方々が学んで受験するというものもあるようです。

一人一人にあった正しい食事ということを仕事としている人は、病院や学校、介護施設などへ勤務されている方が代表的だと思います。

正しい食事を提供するとともに、正しい食生活を行うように指導するということも重要な仕事の一つだとされていると思います。

健康を維持するためには、食生活に気をつけるということは誰でもわかっているとは思いますが、どう気をつけるかということを学ぶのではないでしょうか。

食育という言葉を聞くようになったのは最近のような気がしますが、2005年に法律が制定されたためか、現在は食育に関する民間団体主催の資格が多く存在します。

栄養士や調理師のような国家資格ではないのですが、食に関していろいろな側面から学び、育むことが目的となるものようです。

名前としてはアドバイザー、コーディネーター、インストラクター、指導士、などの名前が付いていますが、仕事に役立てるためにも、子育て中の親が知識をつけるためにも、学ばれて受験されているということのようです。

資格にもよりますが、通信教育など自宅で学びながらできるということも学びやすい環境を作っているのかもしれません。

いろいろな資格を知りたい場合はサイトが便利だと思います。

食育の資格の取得方法を見る

今の世の中は、何を食べると安全に食べられるものかと言うことも考えさせられると思います。

加工食品の過剰摂取や、ファストフードやスナック類など気をつけるべき食品も溢れていますよね。

病気を予防するということでも食育ということは大事な存在なのです。